【Multi-X CAD】バージョンアップのおしらせ Ver3.3B

Multi-X CAD VerUP(MX) おしらせ

MultiX CAD が、Ver3.3Bへバージョンアップしました。

(※バージョンアップには、ソフトウェア保守契約の加入が必要です。)

【ダウンロードはこちらから】

今回のバージョンアップで、機能アップした主な機能をご紹介します。

 

1.横断野帳計算の強化(副断面観測のサポート)

[測量]ー[横断計算及び図化]ー[横断野帳計算]

19042201

[点属性:11]がサポートされました。

19042202

上記のように入力します。

[点属性11]にしたあと、横断方向外側にむけて、[測角]で一度観測します。

その後、[測距]ボタンで観測します。距離は、横断方向上に補正した距離で

自動的に入力されます。

19042203

観測画面では、副断面は、赤色で表示されます。

 

2.横断図の作図 の機能追加(副断面の作図機能)

[測量]ー[横断計算及び図化]ー[横断図の作図]

19042204

横断野帳計算の強化に伴い、[横断図の作図]も副断面を簡単に作図できるように、強化されました。

 

3.名前を付けてDB保存 の機能追加

[ファイル]ー[名前を付けてDB保存]

登録単位を選べるようになりました。

19042205

19042206

[図面]選択中の図面のみ登録

[頁]表示しているページのみ登録

[全部]複数ページすべて登録

図面単位で登録されたデータは、その図面の追加読込が可能です。

 

4.座標より杭打ち の機能強化

[測量]ー[トラバース計算]ー[座標より杭打ち]ー[器械点]

観測情報を記憶する機能ができました。

19042213

19042207

杭打ち作業の途中で、交点計算などの作業をしても、器械点情報を保持する機能ができました。

[前点読込]測点名のみ再セットします。後視の測定が必要です。

[前点継続]測点名の再セットと後視の観測情報も復元します。そのため、そのまま杭打ち作業に進むことができます。

※この機能は、[座標より杭打ち]画面から離れて、1時間以内のみ、有効です。

 

5.路線線形計算の機能強化

[測量]ー[路線測量計算]

NO間が1000mの場合も計算が可能になりました。

19042208 19042209

 

6.新元号対応

[測量]ー[各種面積計算]ー[用地丈量図作図]ー[所在]

[測量]ー[各種面積計算]ー[建物平面図作図]ー[所在]

コンピュータの日付により自動的に変わります。

19042210

 

7.座標面積一覧表の改良

[測量]ー[各種面積計算]ー[座標面積計算]ー[確認]ー[一覧]

小数以下桁数が7桁まで表示するようになりました。

19042211

 

8.電子納品成果作成の改良

[測量]ー[電子納品成果作成]

測量のSurveyフォルダにデータがない場合も

作成できるようになりました。

19042212

 

9.その他

その他不具合修正25か所。機能アップ6か所。

 

« »