【Multi-X CAD】バージョンアップのおしらせ Ver3.3C

Multi-X CAD VerUP(MX) おしらせ

MultiX CAD が、Ver3.3Cへバージョンアップしました。

(※バージョンアップには、ソフトウェア保守契約の加入が必要です。)

【ダウンロードはこちらから】

今回のバージョンアップで、機能アップした主な機能をご紹介します。

 

1.図形レイヤーの文字分離機能

19070102

1つの図形レイヤーから、文字データのみを、別の図形レイヤーに移動する機能ができました。

 

2.横断野帳計算の強化

幅杭(控え杭)からの観測で、ポール始まりに対応しました。

19070104

 

3.横断野帳計算の強化2

備考欄に”PH”(方向杭)があった場合に、TP標高の標高桁数を利用するように変更になりました。

これにより、杭に関係するところのみ小数以下3桁で、変化点は小数以下2桁とするような設定が可能になりました。

19070103

 

4.電子平板機能の改善

器械点を後方交会によって、決めた場合に、点間距離エラー後の対応がえらべるようになりました。

19070105

 

5.平行補正機能の改善

19070101

このようなケースの場合も、補正できるように改良しました。

 

6.その他

その他不具合修正6か所。機能アップ2か所。

« »