【Multi-X CAD】バージョンアップのおしらせ Ver3.3E

Multi-X CAD VerUP(MX) おしらせ

MultiX CAD が、Ver3.3Eへバージョンアップしました。

(※バージョンアップには、ソフトウェア保守契約の加入が必要です。)

【ダウンロードはこちらから】

今回のバージョンアップで、機能アップした主な機能をご紹介します。

 

1.オプションソフト”経時変化の観測”が追加されました。

※この機能は、オプションになります。

19112716

[測量]-[経時変化の観測]

この機能は、MultiXで、高架橋などの変位量を観測、及び

成果をまとめるためのソフトウェアです。

19112614

観測画面

19112613

印刷画面

19112615

EXCEL出力

 

2.座標より杭打ち機能の改良

新点観測機能の測距回数が2回へ変更になりました。

19112617

[測量]-[トラバース計算]-[座標より杭打ち]

[新点] 新点観測機能

19112618

観測手簿で確認すると、距離が2回測定されていることがわかります。

 

3.SXFレイヤー編集機能が使いやすくなりました。

19112619

[編集]-[要素の変更]-[SXFレイヤーの編集]

19112620

SXFレイヤーを選びます。

19112621

[現色] 現在選んでいるSXFレイヤーが強調表示されます。

この状態で、レイヤー変更すると、変更した箇所が、わかりやすく表示されるように

なりました。

 

4.点群データの読込速度の向上(約40%UP)

19112601

[インポート]-[3Dレーザー]

19112602

点群ファイルを選び開きます。

ここから表示されるまでの時間が改良されました。

19112603

 

5.横断野帳SIMAデータの出力の調整

19112611

横断SIMA出力の改良を行いました。

それにより、MultiXで観測した横断データが他メーカーのCADでも

調整なしできれいに渡ります。

19112609

MultiX

19112610

他測量システム

 

6.観測記簿編集の機能強化

19112612

[与点座標読込][概算標高参照]のボタンがつきました。

[与点座標読込]与点の座標値を読込ます。

[概算標高参照]標高補正のために、概算標高値を利用する場合に使用します。

 

7.ライカGEOCOMコマンド機種の追加

19112606

[観測]-[使用機種の設定]

”ライカTPS1200 N”が追加されました。

19112605

サーチ時に、パワーサーチを利用せず、通常サーチで制御します。

従来の機種””ライカTPS1200”はそのまま、残っています。

 

8.地形コマンド”電柱”の改良

19112604

電線方向を検索対象に改良しました。

 

9.ベクトルフォントが一部変更になりました。

19112607

 

Windowsフォントと一部違いのあった約20種類の字が、

ベクトルフォントでも、同一になるように変更になりました。

 

10.ジオイドモデルの変更

19112608

2011Ver.2→Ver.2.1に変更になりました。

 

 

11.その他

その他不具合修正7か所。

« »