【Multi-X CAD】バージョンアップのおしらせ Ver3.4F

Multi-X CAD VerUP(MX) おしらせ

MultiX CAD が、Ver3.4Fへバージョンアップしました。

(※バージョンアップには、ソフトウェア保守契約の加入が必要です。)

【ダウンロードはこちらから】

今回のバージョンアップで、機能アップした主な箇所をご紹介します。

 

1.CADの機能アップ(重心点のプロット)

作図補助点で、簡単に重心点がプロットできるようになりました。

21072304

[ツール]ー[作図補助線]

21072305

[重心]が新設されました。

21072306

 

2.自然災害伝承碑の記号がサポートされました。

21072307

[ツール]ー[地形シンボル]ー[小物体1]

DMコード4208

21072308

 

3.DMの間断に複写機能が追加されました。

21072303

[編集]ー[DM属性設定]ー[間断]

21072302 [複写]

21072311 21072301

21072312 21072313

 

4.縦断図の作図が改善されました。

[測量]ー[縦断計算及び図化]

単曲線の距離が短い場合に、要素の表現が改善しました。

21072309

 

5.トプコン社製レイアウトナビゲーターの接続(Wifi)が改善されました。

21072310

TSの電源がOFFになった場合は、電源を再度ONしてWifiを再接続すると

継続して観測できるように改善しました。

 

6.SXFのレイヤー切替の機能アップ

[SXFレイヤーの全削除]機能ができました。

21072314

SXFレイヤー上で右クリックします。

21072315

[SXFレイヤーの全削除]をクリック

21072316

SXFレイヤーが初期化されます。

 

7.その他

その他、不具合修正・機能改善 14か所。

« »