【Multi-X CAD】バージョンアップのおしらせ Ver3.4G

Multi-X CAD VerUP(MX) おしらせ

MultiX CAD が、Ver3.4Gへバージョンアップしました。

(※バージョンアップには、ソフトウェア保守契約の加入が必要です。)

【ダウンロードはこちらから】

今回のバージョンアップで、機能アップした主な箇所をご紹介します。

 

1.観測メニューの機能アップ

21110218

コマンドを選択時に、観測メニューのコマンドも、反応が連動するようになりました。

 

2.[座標の編集]の機能アップ

21110110

21110111

[SIMA変換]のボタンが付きました。そのまま、簡単にSIMA変換に進めます。

21110112

[CRT図]座標プロット上で、距離、垂線長、内角、面積がチェックできます。

 

3.縮尺係数、平均ジオイド高、座標系の連携が可能になりました。

21110217

[ジオイド高の計算]で[転送]することで、[座標系の設定]にデータが連携します。

 

21110208 21110209

また、観測手簿で電子野帳として利用する際に、縮尺係数、ジオイド高が自動入力されます。

 

4.[方眼の作図]の機能強化

21110121 21110120

21110214

「単枠外側に作図」[離れ]の設定が増えました。

21110215

単枠時に左側のような描き方が出来るようになりました。

 

5.ハッチングの自動塗りつぶしの機能強化

21110216

上図のような円弧と直線の構成でも、対応が可能になりました。

 

6.[器械点の設置]の機能アップ

21110202

地形観測の[TS器械点の設置]や、[座標より杭打ち]での器械点の設置プログラムにメッセージが表示されるようになりました。

 

7.[横断図の作図]に移動ボタンがつきました。

21110204

21110213

 

8.その他

その他、機能改善4か所・不具合修正9か所。

 

« »